日々徒然、気の向くまま適当につづっております。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
***
読書の秋―なんてよく言ったものだと思う。世間一般と比べれば読書家に分類されるという自負は持っていたが、これではまるで本の虫ではないだろうか。なんて、ぱたりとハードカバーを閉じながら考えた。読書の良さ、其れは知識を吸収するでもあり、また、一人の…否その本に登場する人物の人生を時に第三者として、時にその人物に己を投射して体験することにあり、そして、己よりも不幸な人物もいたものだとある種の優越感に浸れる事にある。詰まりは、人それぞれ、本それぞれと云うことだ。然し、それにしても、だ。最近の己は本に捕らわれていないだろうか。本を捕らえる其の腕が逆に本という魔物に囚われているような―……そうして思考は一回転を経て戻される。様々な小説を読み漁り、読み耽り、そうして吸収した知識は己の人生に、そして己の書く文章に生かされているとは思う。けれど、飽く迄其れは人生の一部にであり、己の書く文章についてだってあまりに影響を受けるのは褒められた事ではないだろう。己が書く、己だけの文章だから意味があるのだ。なのに、睡眠時間を削って迄己は何をしているというのだろう。而も、思い当たるばかりの言い訳を己自身に並べて己の気を軽くしようなどと―なんということか。ほう、と口から零れたその息は暖房の所為で暖まった室内では白く濁る事も無く、ただ静寂の中に霧散していくばかりだ。其れは、自己嫌悪の終了の合図。そう―何をしているのか、何をやっているか、もっとやる事があるだろう、とそう想う気持ちは確かに存在するけれど、詰まるところ後悔はしていないのだ――。さて、髪を撫ぜる暖房の風は身体に優しくない。そろそろ床に就くとしようではないか。布団を持ちあげ、冬の朝には魔法使いに変貌するそれに包まったなら、黒眸を閉じて先程迄旅立っていた世界の風景を思い描く。夢に見れたら―否、見えずとも、そこから感じ取った何かを明日文章に認めてみても、良いかもしれない。無論、其れはするべき仕事が終わった後の話になるのだけど。

なんて、書き綴ってみたり。何だろう―んーと、日月の事でもあり、そして日月が考える菊ちゃんの就寝前でもあります(笑)いや、彼はこんな感じかもしれないなあ、なんて。何を言い出したお前、またお得意の妄想かと聞かれたら肯定するしかないんですけどね←
APHの小説が書きたいのにネタが降ってこないから、日常に転がっていた自分の気持ちをちょっとリンクさせてみたってことです。あー、もうなんか無いかなあ、ネタ。学ヘタで考えたら書けるか…其れとも何だ、この前みくしで見た「住みやすい都市ランキング」的なものからなんか妄想膨らませてみるか…!

久しぶりにHEROを見ると中々面白いです。そして、検察の方が仰られる法律用語の意味とか起訴迄の流れとか制度がちゃんと把握出来るようになったから、そういう意味でも面白いです。
23:12 創作 comments(0) trackbacks(0)
memo
めもめも。
(一応ネタ帳にもメモって有るけどいつも所持してるわけじゃないのでブログにも。)

【威銀】
もしもの話。//神威さんからの質問攻めで銀さんを困らせてやろーぜ!//表面上は威→銀、実際は無意識の威→←銀//銀さんは自分どノーマルだとか勘違いしてる。//オチとかないよ!
雪の話。//銀さんサイドと神威さんサイドでSSを2つ//銀さんには雪が超似合う//神威さんは寒いのちょっと苦手かも//あぶちゃんとぱっつぁんがしゃしゃるよ!
よつばのくろーばー。//踏むと出来る//幸せ製造マシーン//でも強く踏みすぎると、ぽきり。
夜の兎//三部作の名前にするかも//とりあえず威銀だと結構在り来たりなネタだと思われ。//色だけ見ると銀さんのが兎っぽいよねって話。
可愛くないは罪?罰?
大人たる資格
銀さんはなんだかんだで臆病者(笑)

【オリジナル】
ある日の昼下がり。//たっくんによる人間観察@喫茶店
藍と朔良と日向のたんじょーび。

【APH】
なんかネタ降ってこい!(Σ)
22:34 創作 comments(0) trackbacks(0)
a HaPPY BiRTHDaY
っしゃあ、書きあがったぁああ(笑)なんか似たような始まりを少し前にした気がしなくも、ない。
はい、と言う訳で神威誕生日小説の威銀が書きあがりました。何かホント、大学からまこっちゃんの家に着くまでの間の数分で思いついたというネタを具現化しただけといういつにもまして稚拙な物ですが、神威さんのためのお祝いだからね、うちの愛が試されるとk…失敬、とにもかくにもお祝いだからね、もうね恥とかそういうの全部捨ててのっけます。あ、嘘…完全に捨てきるのは無理なので追記にこっそり載せる事にします。唯の自己満なんだから期待しちゃダメなんだぞ★

と言う訳で宣言していた通り6月1日を振り返ります。正直あれです、気 持 ち 悪 い で す 。それでも大丈夫なんだぜ、寧ろばっちこいやっていう心の広い方だけ以下どうぞ!

6月1日、神威さんの誕生日!生誕祭をやらねばってことでね、とりあえず0時ぴったりにつなビィにお祝いの言葉と落書きを送る。授業が午前中で終了なのでとりあえず一回日月の家に(こっからは全部うぃずまこっちゃんだ、よ!)。,酒を買いに行く。神威さんの誕生日、神威さんと言えばやっぱりイメージカラーは赤とか珊瑚色、ってワケでお祝いの酒はロゼかワインのスパークリングって決めてたので、そしてまこっちゃんは辛口が苦手なので甘口を購入。▲院璽を購入、長さ30センチくらいのチョコレートのボックスケーキ。ご飯の材料を購入。本当は中華の海老チリとか色々と作ろうと思っていたんですが、何か鍋が食べたくなったので鍋に急遽変更!「この暑い中敢えて鍋を選んじゃうくらい神威さんのことが好きなんだよ!」って真顔で言ってみたら軽くまこっちゃんに引かれる、ショック!なんでだ!夕飯は勿論以上なんですけども、夕飯食べながら横で銀魂の吉原編流し続けますよね、基本ですよね!神威さんと銀さんが出てくるたびにギャーギャー言ってる日月と銀さんが出てくるたびに幸せそうな顔を浮かべるまこっちゃんの図…真ん中には鍋、クーラーには電源が入っていて、やっぱり真ん中では鍋がぐつぐつ。シュールだ(笑)お鍋食べ終わった時点で結構お腹いっぱいだったんですけど、といういか鍋食べてる途中で日月が腹痛に見舞われます。でも食べるのをやめない日月…何故って、そりゃあね、うん。此処でやはり例のセリフ「神威さんへの愛が試されてるってことでしょう!?(違)」本気でそんなセリフを言いながら鍋を食べる私は相当気持ち悪かったと思います、ごめんね、まこっちゃん!(笑)そして、ケーキターイム!ケーキを切るなんて所業はしませんよ、ボックスケーキ端から二人で開拓です。ちゃんとはっぴばーすでーの歌も歌ったよ!(堯砲箸蠅△┐鎖べるのと飲むのがつらくなったら「愛が試さry」で乗り切ってました。テンションが上がったのか途中で友人が置いてった兎耳付けたりとかも、ね!やー、かむたん(神威誕生祭)は楽しかったよ。凄く端折って書いたけど、端折ったのに気持ち悪さはマックスですね。ふは、!
続きを読む >>
23:02 創作 comments(0) trackbacks(0)
HAPPY BIRTHDAY DEAR…
土方さん、ばりさま、ジロ、こじろーは誕生日おめっとさま。特に前二人ね、色んな萌えを常日頃からあざっす(笑)土方さんは銀さんもしくはそごたんに、ばりさまはディノさんもしくはツナに祝われてればいーよ!(←)ジロは氷帝Rで豪勢なパーティーをした後、今日は特別だかんなとか言われながらブン太にファーストフード店かケーキバイキングに連れてってもらえば良いじゃない。こじろーは泰楽家にてメンズファイブたす姫にお祝いしてもらってたら真人が乱入とかしちゃえばいいんだ。

あれ、なんだろう…銀魂、復活、テニスに対する腐ったベクトル。銀魂と復活に関しては自重しました。自重しきれないかもしれない、が。

+++1712追記。
やっぱ自重出来なかったらしい(笑)とりま銀魂だけ。復活は気が向いたらね!覚悟してください、長くそして気持ち悪いです。

【銀魂】
土沖ばーじょん。
基本的に沖田→土方のベクトルが好きだったりして。ラブラブよりもくっつきそうでくっつかない感じ。小さい頃から一緒にいたぶん、ちゃんと気持ちが伝えられないという、か。だから、誕生日も素直に祝えない。もち、真撰組のほうでお祝いはするんだろうけど、そごはそこで「来年は誕生日迎えられますかねぇ」なんて憎まれ口(半分本心)叩いたりして、プレゼント代わりとか言ってバズーカ一発お見舞いしたりして。でも土方さんは徹夜で書類作ったりしてたせいで本調子じゃないみたいな。フォロ方だから皆の前ではごまかしてるけど、そごはツッコミのタイミングとかキレとかに違和感もって気付いちゃうんだよ。んで、お祝いが終わって部屋で休んでる土方さんのとこ行って、ちょっと話したりして。会話の内容は「そんなに疲れてんなら無理することねーんじゃないですかぃ。今日は土方さんが主役なんですから。」「そういう訳にもいかねぇだろ。」「近藤さんはともかく、他の奴らはただ気持ち良く酒盛りがしたかっただけでさァ」「…お前、っとに俺が嫌いなのな。それとも、なにフォローのつもりィイ」はあ、とか溜息つきながらね煙草蒸して、気怠そうな土方さん見てそごが徐に土方さんの頭とか撫でたりしてね、そのそごが可愛いもんだから荒げてた声は収まって、視線少し泳がしたりね、ごまかすために口だけは動かすけど声色はもう優しいんです。「大体テメーの始末書だなんだ俺が書かなきゃなんねぇからこういうことになんだろうが。問題行為減らせ。」「そいつぁ無理な話ですぜ。」「なんでだよ。」「だって、書類整理中は嫌でも俺のこと考えなきゃならんでしょ」そんなこと言いながらへらりと笑うそごたん絶対可愛い!で、土方さんも我慢できなくなってキスとかしちゃえよ。そのあとに、「お前のことなんざ、何もなくてもずっと考えてんだよ」とかねそごの肩に頭乗せつつ言うんです。「土方さん日本語の使い方間違ってやすぜ」とかツッコミながらそごの顔赤かったりね。いや、続き?土方さんそご抱きしめたまま寝ちゃってどっちにとっても生殺しで終わりですけど(笑)

土銀ばーじょん。
土銀はね、両想いでラブラブくらいでも全然良い。恋人どーし、最強じゃないの。でも周りの目とか気にしちゃえば良いんだ。大の大人、しかも男同士が腕なんか組めるかバッキャローみたいな。でもね、誕生日やから頑張っちゃう訳です。手を繋いだり、腕組んだりはしないんだけど、歩いてると自然に手がぶつかるくらいの距離で。さりげなくお揃いの何か持ってたりして。「あちぃ」とか「だりぃ」とか言いながらも、たまに口喧嘩もとい痴話喧嘩しちゃいながらも朝から晩まで一緒に居たりしてね何してるって、特に何をしてる訳でもなくて、ただぶらついたりご飯食べたり、甘味処行ったり、あれ、食べてばっかりじゃね(笑)いや、パチンコとか行って銀さんだけが負けちゃって、土方さんがビギナーズラックで勝っちゃって、銀さんが拗ねちゃったりとか。あ、なんだこれ可愛いな…←デートの終わりは居酒屋かな。あえての焼肉屋とかもありやったんですけど、居酒屋の個室のが良いなあって。いや、うん…個室はきちんと銀さんが予約しました。でもばれたくないので店員さんが「ああ、ご予約の」とか言いかけたらその口閉じたりして。料理は土方さんが好きなもの頼んだりして、ちゃんとマヨも許したりして。「多串くんさー、ほんとにマヨ好きだよね。ねぇ、銀さんとマヨどっちが好き?」「は?…そりゃ、…」「なっにその間ぁああ。そこはさあ、即答すべきじゃん。ねえ、分かる?…銀さんがどんだけ恥ずかしい想いして聴いたか分かってんのォオ。ああ、マジないわ。」「お前こそ、何恥ずかしげもなく女みてぇな質問してんの。あー、今分かった。仕事とあたしどっちが大事なのとか聞かれる男の気持ちが。」「恥ずかしかったって言ってんじゃん!聞かせてやろうか、銀さんの心臓の音ォ。もう、これ没収。」ぎゃあぎゃあわーわー痴話喧嘩再び。そして銀さんは食べたくもない串かつうぃずマヨネィズに手を伸ばして、平らげちゃったりして。でもあまりのまずさにうぐ、と手で口押さえるんだけど土方さんが目の前で「テメーなにしやがる」とか「返しやがれ」とかしつこいもんだから、じゃあ返してやるよと土方さんの襟引っつかんで引き寄せてキスしちゃいます。銀さんはうわー、最強最悪激まずいキスとか思ってたりね。でもいつの間にか土方さんが銀さんの頭の後ろに手回してるもんだから中々解放されなくて。ぬぐぐと瞳強く閉じたとこで、解放。「げろまず。」銀さんの感想。「げきうま、最強タッグ」土方さんの感想。ああ、また痴話喧嘩始まっちゃうよ!こいつら愛情表現が喧嘩しかないんじゃなかろうか。「はああ、あれが美味いの?つーか、なにその最強タッグってやっぱ銀さんとマヨ同列ゥウ。」「はあ、ったく…」涙目(お酒と激マズキスによる副作用)で机バンバンする銀さんを見兼ねて土方さんは店員さんにケーキとかパフェ的なもの頼んで、それ届いたら銀さんの目一瞬煌めくも土方さんが平らげてしまったもんだから逆三角に。「ひーじーかーたー」とかいおうとしたら今度は土方さんから銀さんにキスしちゃったり。土方さん甘いの好きくないからうげって思うんだけど銀さんとしては最強タッグでね。キス後に土方さんが「どうなんだよ、」とか聴いたら「最強、だけど、さあ」とか言っちゃうんだよ。結局二人ともマヨと糖分は切り離せないんだよ。でも、それ以上にお互いが離れられない。そんな、仲。ってあれ、これ別に誕生日じゃなくてもよくね(笑)

+++2351追記。
ぎりぎり(笑)復活ばーじょんです。ディノヒバは組み合わせ的にどうしても裏突入しそうになりますが、ブログってこときちんと考慮してね、飽くまで健全です。やっぱりひぃさんの脳内妄想炸裂です。気持ち悪いです、すいません。こんだけネタ出ししたら小説に起こすべきかな。でも威銀がもうすぐ書き終わりそうで、藍のがまだ序盤なんだけどあれ、どうしよう。どうしよう、まこっちゃん!←ひぃさんの変態度合いをどうぞご賞味あれです。

【復活】
ディノヒバばーじょん。
ディノヒバはね、両想い且つ双方のベクトルは同じなんだけど、表面上に現れるベクトルはディノ>>>ヒバな感じでね。飽くまで表面上はですよ。内心は=ですから。だから、誕生日とか記念日とかディノさんはすごく張り切ります。イタリア生まれの伊達男(笑)やから、くっさい台詞とか演出も恥ずかしげもなくやってしまいます。バリ様はと言えばディノさんに逢えるのは久しぶりなので少しソワソワしたりして。うわ、バリ様可愛いな。(飽くまで日月の脳内イメージです)場所はどこやろ…ディノさんなら遊園地とかレストランとか貸し切れるだろうけど、やっぱりばりさまが好きな並中かな。応接室でお話して、晴れてたら屋上でお弁当。あえての庶民派デート(笑)こどもの日やから屋上からやと沢山の鯉のぼりが見えたりして、ね。知識としてはあるだろうけど、見るのは初めてだからディノさんテンション上がるしね。それ見てばりさまちょっと不機嫌になるよね。「僕の事だけ見てなよ」とか目逸らしながらいってさ、でぃのさん一瞬目ぱちくりですよ。彼は最初からバリ様の事しか見てないからね。何を今更的な。でも面と向かって言われたら嬉しい訳でね、なんてったって相手はバリ様やし。それまでフェンスに預けてた背中を起こしてバリ様を引き寄せて軽いキス。至近距離で「きょーや可愛い」とか言っちゃうんですね。そしたらバリ様から鳩尾に一発いれられるんですけども。全国共通ルール、男に可愛いは褒め言葉に非ず。「ナイス一発、きょうや」鳩尾押さえて若干涙目になりつつも(これならオレがいない間も心配いらねぇ)とか思って親指立ててるディノさんはどこまでいってもバリ様ばか(笑)そんなバリ様は可愛い発言のせいで威嚇中の猫みたくなってます。でもディノさんからの言葉を頂けばそういうのも緩んで、ね!最終的にはでぃのさんの腕枕でひなたぼっこしながらお昼寝かなあ。いや、室内行くとディノヒバってどうしても裏突入しちゃうからn(ふご!)

ヒバツナばーじょん。
ヒバツナはバリ様のベクトルがものっそツナに向いてる感じで。簡単に言えば片思いですね。バリ様の片思い万歳…っ!←バリ様の愛情ベクトルが強すぎてツナに届く頃には恐怖ベクトルとして受け取られてしまうんですがね。ああ、無情…じゃなくて、だからですね、今回のバリ様は受け身じゃなくて強気でどんどん行かれます。いや、攻めなんだから当たり前なんですけどね。GWで休まれてるつなさんちにバイクで乗りつけて、颯爽と窓から登場がセオリーですよね。「やあ、沢田。奇遇だね。」……奇遇なんかじゃありませんよ、バリ様ぁあ←「ところで君、今日が何の日か知ってるかい?」「今日、ですか。こど…」「違うよ。」…言い切る前ですか…バリ様!……いかん、ヒバツナはギャグ色が強くなってしまう(笑)「え、じゃあ端午の節句…」「ちげーぞ。」と質疑応答繰り返していたらリボーンが登場。きょてんとしてる二人の前に立って「今日はヒバリの誕生日だ。ボスとしてファミリーの誕生日くらい覚えておくのが常識だろ、ダメツナ」とか言いながらリボーンはそういうことだろ、とバリ様に目配せ。流石赤ん坊とふっと笑めば本日の目的達成のためにツナと向き直ったりして。徐に「じゃあ行こうか」とかスマイルで言っちゃう訳です。ツナとしては「は、何が、どこに。」なんですけどね、先輩且つ風紀委員のバリ様に逆らえるはずもなくデート開始な訳です。ま、途中でごっきゅんとかに見られ勘違いされーの、骸に見られ死線潜りーのしますが。最後は中学生らしく公園ですかね。ツナはぼろっぼろですけどね。ちょっと窶れてたりして、でも常識人なんで言わなきゃならんことは言う訳です。「お誕生日おめでとうございます、雲雀さん。すいません、俺知らなかったから誕生日プレゼントとか用意してなくて。」ってね、笑顔つきで。ほんわか笑顔で言われたらそりゃバリ様きゅんですよ。そんな軽く乙女なバリ様の反応に不覚にもツナまでもがきゅんしちゃったりね。あれぇな雰囲気も漂いますが、ツナの可愛さにバリ様が我慢できる筈もなく、けれど無理矢理で嫌われるのは嫌なので頬キスくらいで。「これで、我慢してあげる」とか言っちゃえばいいじゃないか。ああ、なんか上三つに比べると青春ですね!だって中学生カップルだもの仕方ない。
13:33 創作 comments(0) trackbacks(0)
take an objective view.
客観視できるのは強みでもありますが、時折最大の弱点にもなります。

昨日、購入した本ようやっと半分。幕末・維新は楽しいです。うん、何か色々とねたが出てくるんですが、全部妄想どまり。形にするのはいつになるやらといった感じなわけですが。とりあえず、続きの執筆に入る前に、砂時計的年表と砂時計的人物相関図を完成させねばなりませんね。ヒロインの父親の蟄居は史実よりも短くなります。12年も蟄居とか、そんな長すぎる!!銀魂×史実÷2的な感じになるので、それこそ日月の妄想が物を言うのですが…うーむ、春休みやしなぁ、ゆっくり考えようと思います。というか、結構前の記事から「砂時計」「砂時計」言ってますが、皆様が覚えているか若干不安です。ん、よし…あれですね。一応追記に前のブログで載せた紹介文的なものをのっけてみようと思います、チャレンジャー!(笑)

さて、不安といえば最近ちょっとした悩みがある日月です。全部たいした事無いんですけどね。日記ねたも無い事ですし、それについて軽く触れてみようかなと。…えへ!(←)

そのいち、
テスト終了してからニコ動とかで、銀魂とかヘタリアとかの動画をちょこちょこ楽しんでるんですが、まー所謂かぷ動画ですよね。腐った方向の!(笑)んで、ね…すっごい素敵だし、すっごい楽しいんです。あー、いいなー。ラブラブしやがって、もしくはシリアスでも切ないなーみたい感じで。第三者的視線からの楽しみですよね。まぁ、夢じゃないし第三者目線当たり前だと思うんですが。ただ、ね、…最近、ふと自分すら客観視する事がありまして。つまり、第三者視線で動画を楽しむ自分を更に第三者視線で見る自分といいますか!ふと、冷静に我にかえるとね。「何で二次元こんなにラブラブなのに、私なにやってんだろ」的な。「女子大生がこれでいいのか」的な。そんな心境に陥って、落ちる時がちょくちょくありまして。それをテスト後にまこっちゃんに言ったら「冷静になったら駄目」やと言われました。あれ、やっぱりそうかな。そうやって冷静になっちゃう自分、負け組かな。うん、分かってた、分かってた。

そのに、
帰省してテレビ見てたら父親から言われた一言がね。うん…「バレンタイン前に帰ってくるなんて、渡す相手もおらんのか」と。いや、いませんけど何か?安心したでしょ、お父さん。的な感覚で返しましたが、逆に心配された自分…orz。ほんっとーに何もないのかと聞かれたから、一応あるにはあったけど、という話をしました。何で親に恋バナともいえない恋バナ話さにゃならんのだ。あれれー、年頃の娘を持つ父親ってのは娘に悪い虫がつかないかどうかを心配するのであって、娘がバレンタイン前に帰ってくる事を心配するものではないと思うんだけど、な…!うん、なんか…不安というかショックでした。あれ、みたいな。

そのさん、
夜寝られません。基本的に最近の就寝時間が午前4時半過ぎ〜午前5時半までっていうのはいかがなものでしょうか。肌的な意味で。

さてさて、ほんっとーにどうでも良い事ばかり連ねてみたら結構な量いったので本日はここまで。R7にはいけなかったけど、ヘタリアオンリのR8には参加したい、とか考えてる日月でした。(遅ればせながら、昨日は本田様誕生日おめっと!)
続きを読む >>
00:45 創作 comments(0) trackbacks(0)
1/1PAGES